トップページ > 葉酸 > 葉酸~記憶力の向上や認知症の予防に

葉酸~記憶力の向上や認知症の予防に

葉酸はレバーや緑黄色野菜など多く含まれている水溶性のビタミンの一種で貧血防止や胎児の先天異常を防ぐのに必要な栄養素ということで妊婦さんには必須の成分として特に有名です。


そんな葉酸(ようさん)ですが脳に対する効果としては記憶力の向上や認知症予防の効果があるといわれています。具体的にどんな効果があるのかさっそく見ていきましょう。


葉酸が認知症予防に効果があるといわれる理由のひとつがホモシスティンという物質を抑制する効果があるからです。ホモシスティンというのは血中にあるアミノ酸の一種でこれが血液中に増えると認知症のリスクが増えるといわれています。


米ボストン大学などの研究によると、血中のホモシステイン濃度が高い人ではそうでない人に比べてアルツハイマー病を発症するリスクが8年間で2倍近くになることが確認されていますし、他の研究でも葉酸不足が認知症の発症リスクを3倍以上に増加させることがわかっています。


理由としては葉酸が不足することでホモシステイン過剰になるとアルツハイマー型認知症の原因となるβ-アミロイドの作用を強化することにつながり、神経細胞を傷つけてしまうからではないかと考えられているからです。


認知症予防には「葉酸」ということを覚えておいたほうがよさそうです。


記憶力アップについてはこれも数多くの実験で証明されていることであり、ボストン在住の高齢者を対象に行われた実験によると葉酸を摂取した高齢者と摂取しない高齢者では記憶力や言語力での能力の低下に大きな差がみられたということです。


葉酸の効果はもちろん高齢者だけでなく健康な若い人にも効果があり、葉酸を摂取することで記憶力や脳の処理速度が向上したという研究結果もでていますから妊娠初期の妊婦さんにかぎらず摂取して損することはない成分といえます。