トップページ > ビタミンB群 > ビタミンB群の上手な摂取方法

ビタミンB群の上手な摂取方法

脳の神経細胞や神経伝達物質の働きを助けるビタミンB群ですが、共通することは、水溶性のビタミンであるため体内に蓄積されず、多量に摂取したとしても余分な物はすべて排泄されてしまうということです。


また、普段の食事から摂取しようにも熱や水に弱いため調理の段階でその栄養分の多くは失われてしまうという面倒な特徴があるので、毎日十分な量を食事だけから摂取するのはなかなか難しいです。


<ビタミンB1を多く含む食品>
豚肉 玄米 小麦胚芽 落花生 大豆 うなぎ


<ビタミンB6を多く含む食品>
レバー かつお マグロ 落花生


<ビタミンB12を多く含む食品>
アサリ レバー 牡蠣 しじみ


<ナイアシン(ビタミンB3)を多く含む食品>
まいたけ カツオ サバ しらす タラコ


<パントテン酸(ビタミンB5)を多く含む食品>
大豆 サツマイモ 卵 レバー 落花生


ビタミンB群は複合体として摂取することでそれぞれの効果を補完しあうという相乗効果があるため個々に摂取するよりもビタミンB群としてまとめて摂取するのがおすすめです。


できれば食事から摂取したほうが自然ですし、お金もかかりませんが、効率的にビタミンB群を摂取するならビタミンB群がまとめて配合してあるサプリメントを利用したほうがいいと思います。