トップページ > セロトニン > セロトニン~精神を安定させる神経伝達物質

セロトニン~精神を安定させる神経伝達物質

精神を落ち着かせて安定させる作用があることで知られるセロトニンですが、脳内で神経伝達物質として働いているセロトニンは全セロトニンの2%程度です。


そのほとんどは、消化管の運動を調節(90%)の働きをしており、残りの8%も血小板で止血作用や血管収縮作用に関係しているものです。これはちょっと意外ですよね。


そんなセロトニンですが、ノルアドレナリンやドーパミンの作用をコントロールして不安感をなくし、精神を安定させて落ち着かせる作用があります。そのため多くの精神疾患の薬物治療に際してセロトニンに作用する物質が使用されているのはご存じのとおり。


また、セロトニンならではの特徴としては作用する場所に応じて興奮を促すこともあれば、抑制を促すこともあるという両極端な作用があります。具体的には、


セロトニンが不足すると


・うつ病や不安症になる一方で衝動的、攻撃的になる。
・睡眠障害になる一方で食欲や性欲が増す。


ということです。


逆にセロトニンが増えすぎるとセロトニン過剰症候群(高熱・痙攣・錯乱)になります。


精神の安定に作用するというセロトニンのもうひとつの重要な作用が睡眠に関する作用です。


日中分泌されるセロトニンから生成されるのが睡眠ホルモンといわれるメラトニンです。このメラトニンは昼間のセロトニンの分泌量が少ないと生成される量も少なくなります。そのため昼夜逆転の生活などをしているとセロトニンが十分生成されないため、眠りに必要なメラトニンも生成されず睡眠障害などの原因になってしまうというわけなんですね。


うつ病の人がたいてい睡眠障害にもなっているのもセロトニン不足が影響しているのは間違いないです。


セロトニンを増やす方法としては


・セロトニンのもとになる必須アミノ酸を食事から摂取する
・ビタミンB6を中心にビタミンB群を摂取するとセロトニンが効率よく生成される
・朝日を浴びること(セロトニンの分泌が開始されます。)
・リズムある運動やウォーキングなど軽い運動をする


が効果的といわれています。夜いつも眠れない人は参考にしてください。