トップページ > ホスファチジルセリン > ホスファチジルセリン~脳細胞の代謝を促進して脳の老化を防ぐ

ホスファチジルセリン~脳細胞の代謝を促進して脳の老化を防ぐ

いまにわかに脚光を集めているのがホスファチジルセリンです。


人間の体を構成している60兆個の細胞膜にもホスファチジルセリンが存在しており、とくに脳の神経細胞の膜に含まれるリン脂質の10%前後がホスファチジルセリンです。


DHAと同じく脳の中に存在する量が多いということはそれだけ脳に不可欠だということです。


このホスファチジルセリンは体内で合成できるものではなく、豚肉や牛肉、卵、大豆などに含まれるホスファチジルセリンを毎日の食事の中で摂取してはじめて脳をはじめ全身に供給することができるものです。


また、脳のなかのホスファチジルセリンは絶えず新陳代謝をして入れ替わっていることもあり、毎日の食事から補給しないとホスファチジルセリン不足から脳の老化や痴呆あるいは精神不安をもたらすとさえいわれているので、脳にとって非常に重要な成分なんですね。


さて、ホスファチジルセリンの重要さがわかったところでその働きについて紹介していきます。


1、神経細胞の膜を柔らかくして神経伝達物質の伝搬をスムースに保つ
2、神経細胞の新陳代謝を活性化
3、シナプスの加齢による減少を防ぐ
4、NGF産生の利用効率を高める
5、神経伝達物質(主にアセチルコリン)の分泌促進


といった作用があります。


アメリカのクロック博士が行ったホスファチジルセリンの実験では、加齢による生理的な認知機能低下を改善する効果が確認されているので、最近人の顔や名前を覚えられないという方には心強い存在になると思います。