トップページ > 脳の働きと神経伝達物質 > 脳の神経伝達物質について<簡略版>

脳の神経伝達物質について<簡略版>

脳内では神経伝達物質があらゆる情報を運んでいます。


神経伝達物質というのは、


・ドーパミン
・アセチルコリン
・GABA(ギャバ)
・β -エンドルフィン
・グルタミン酸
・ノルアドレナリン
・セロトニン


といったもので、脳内ホルモンという呼び方をされることもあります。今現在、50種類以上の神経伝達物質が確認されているようですが、そのうち働きが解明されているのは20種類ほど。働きがよくわからないものもまだまだ多く、神経伝達物質についてはまだまだ研究段階です。


脳内では神経細胞のネットワークが張りめぐらされているわけですが、こうした神経伝達物質が仲介することで細胞間で信号が伝わり、物事を記憶したり、行動を起こすことができるようになっています。


つまり、この神経伝達物質とそのバランスが人間の思考、行動、感情にいたるまで左右しているというわけです。喜怒哀楽の感情もまた、脳内の神経伝達物質が働いた結果です。


そのため神経伝達物質の分泌や伝播に問題が起これば、うつ病や統合失調症、双極性障害などが引き起こされてしまいます。健康というと体の健康にばかり意識が向いてしまいがちですが真の健康を得るには、体の司令塔にあたる「脳の健康」が何より大切というわけなんです。