トップページ >  脳を活性化する栄養素について >  DHA

DHA~頭がよくなるブレインフードの代表格

青魚の油に多く含まれる不飽和脂肪酸のひとつがDHAです。


キング・オブ・ブレインフードといわれるDHAは、摂取することで脳の神経細胞が柔らかくなり、シナプスの神経伝達物質のやり取りを活性化して記憶力や学習能力の向上に役立ちます。


また、兄弟分であるEPAと同じく赤血球の柔軟性を高めてくれることもあり、末梢の毛細血管まで血流を改善し、脳への血液のめぐりもよくしてくれます。血栓を防いでくれるので脳梗塞の予防にも非常に効果のある成分といえます。


そもそも日本にDHAの存在が伝えられたのは1989年のことでイギリス人のマイケル・クロフォード博士の著書「原動力」のなかで「日本人の子供が欧米人に比べて頭がいいのは日本人が魚を多く食べてDHAを摂取してきたからだ」ということを書き記したことが大々的に取り上げられたからです。


この発表によってDHAは頭がよくなる成分として一躍有名になったんですね。


人体のなかでは目の網膜に次いで脳は二番目にDHAが多く存在している部位であり、特に記憶を司る「海馬」といわれる部分に多くのDHAが存在していて、DHAを3週間取り続けた結果、記憶力が飛躍的に高まったという実験結果も報告されているほどです。


他にもDHAを含む母乳で育てた赤ちゃんとDHAを含まない人工乳で育てた赤ちゃんとでは知能指数に大きな差が出たという実験結果もありますから、頭のいい子を育てるにはDHAは必須だと思ってください。


脳細胞にDHAが不足すると脳細胞の膜をつくることができなくなり、機能が衰えたり、細胞が死んでしまいます。特に情報伝達の役割を担うシナプスの部分にDHAが不足すると脳の情報伝達がスムーズに行われなくなって記憶力の低下や痴呆症の原因にもなるといわれています。


細胞膜は常に新しいものに生まれ変わっているので常に細胞膜を柔軟に保っておくためにはその材料になるDHAも絶えず摂取しておく必要があるということです。

DHAの上手な摂取方法

記憶力の向上や学習能力の向上、はては脳梗塞や痴呆症の予防にもつながるというDHAですが魚を食べなくなった日本人は慢性的に不足状態が続いているといいます。


厚労省が推奨するDHA(EPA含む)の1日の摂取量は1日1gです。


ただし、若い世代は1日0.2g程度、魚を比較的よく食べる50代以上でも1日0.6g程度なので、全然足りてないわけですね。頭をよくする、脳の健康のためにはもっと魚を食べないといけないということです。


ただ、魚であればなんでもいいというわけではありません。魚の種類によってDHAの配合量が全然違うからです。ただ、目安はあって青背の魚には基本的に多く含まれているようです。


DHAのサプリメントのCMでは1日分のDHAを摂取するには大量の魚を食べないといけないというような印象を植え付けていますが、あれは赤身の部分だからそうなるだけで、脂の多い部分を選んで食べれば1日1gは楽に摂取できます。


<DHAを豊富に含む魚(魚肉100gあたりの含有量)>
マグロ【2877㎎】ブリ【1784㎎】サバ【1781㎎】サンマ【1398㎎】ウナギ【1332mg】


魚を食べるときに注意すべき点は調理方法です。焼いたり、煮たりすると魚油が20%程度落ちてしまいますし、揚げるとほかの油が吸収されてしまい、効率的にDHAを摂取することができなくなってしまうので、新鮮なお刺身にして食べるのがDHAの摂取方法としてはベストです。